エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

もうすっかり冬です

どうしようか・・・、タバコも値上げだ。(C)星の降るような夜に。


師走です。寒いです。


相変わらず「悪魔のささやき」エンドレスリピートで聞いてます。
前にも書いてますけど、上がり下がりっぷりが面白いですね。
最初の「moonlight magic」でこれでもか!というぐらいに明るく爽やかに
歌ったかと思うと次の「脱コミュニケーション」では(一見)アングラに聞こえ
それで次の「明日への記憶」ではまた(一見)前向きに向かって・・・、の
繰り返しで、「旅」から「彼女は買い物の帰り道」では「ド男路線」から一気に
「ド女性路線」への切り返しと、まあ毎日聞いていても飽きません。


「夜の道」を聞いてると何故だか「冬の朝」を思い出す。
同じく弾き語りだっり、全体のイメージも似てるのかも知れませんが、強烈に頭に浮かぶ。
「夜の道」が終わると次は「俺たちの明日」が始まるんじゃないかと思うくらい(笑)。
でも始まるのは「幸せよ、この指にとまれ」なんですが。
ただこの「冬の朝→俺たちの明日」と「夜の道→幸せよ、この指にとまれ」の展開は似てるというか
宮本が好きなパターンなのかもしれませんね。
しんみり弾き語っていて、次の曲はドーンと始まる、というパターンは聞いてるこちらも
無条件に元気がでますねえ。つくづくエレカシ大好きなんですね、俺。


「『歩く男』と『彼女は買い物の帰り道』にエレカシの明日を見たんだ」。
この記事のタイトルだけ決めて、内容も大体浮かんでるんですが文章としてまとまらず。
年内には書きます。ってこういうフレーズを使うと師走なんだって気がしますね。
(「タイトルだけは決まってるんですよ」ってどっかで聞いたと思ったら「扉の向こう」だ)。



師走と言えば年賀状(気が早いか)。来年もPAOから届くんでしょうか。
やるなら100人に1人ぐらいの確率でメンバー直筆サインが届くとかいうサービスがあったら
面白いでしょうね。元旦のポストをチェックするのが80倍くらいドキドキするでしょうね(笑)。
最高のお年玉だけれど、でもその年の運使ったんじゃないの?ぐらいのハッピーなプレゼント。
ただこれはやるのは運営側としたら実際問題難しいでしょうねえ。
運営側じゃないのでこういう好き勝手なアイデアや意見はどんどん出てきます(笑)。
こういうのちゃんと企画書として送った方がいいのかなあ。
でもそうしたら月一ぐらいで何かしら送ることになってしまう。


それで思い出した、「エレカラ忘年会」は余裕無くて全然出来ませんでしたが
来年一月に「エレカラ新年会」は考えています。またその機会があれば書きます−。



エレカシ以外のお話。
Mr.Childrenのニューアルバム「SENSE」を買ってきました。
って昨日のタワレコの様子をアップしようと思ったら、iPhoneに画像が残ってない。
撮影後の処理の時にホームボタンを押したのがキャンセル扱いされてしまった模様。


SENSE
SENSE
  • ASIN: B0047O3XHC
  • [CD]
  • 価格: ¥ 3,059
  • TOY'S FACTORY
Amazon.co.jp で詳細を見る
これは発売日が決まってから「買おう」とは決めていて、週一ぐらいでAmazon
タイトルや収録曲をチェックしてたのですが、全く決まらない。
それでやっとタイトルと収録曲が発表されたのが、確か28日か29日。
直前まで伏せておいてドーンと発売するのは戦略と言うよりはアーティストの意向の
ようですね。このネット全盛の世界で殆ど情報が漏れてなかった、まあどっかでは
漏れてたんでしょうけど、少なくとも僕がチェックする限りでは漏れてないというのは
なかなかに凄いことですよね。
あとは「通常盤のみ発売」、昔ではごく当たり前の発売方法ですが、今となっては
逆にレアですよね。それでも凄く売れているらしいのでMr.Childrenはやはり凄い。
個人的には「365日」というNTT東日本・西日本で使用された曲、そして去年の
12月24日に東京ドームで生で聞いた曲が一年以上経ってやっと音源化されたのは嬉しい。
これは個人的にはMr.Children史上、「1999年、夏、沖縄」に次いで好きな曲です。
その他には「I」という曲の歌詞が印象的。こちらからどうぞ



それと森達也さんという作家だったり映画監督だったりする人の新著「A3」が出ました。


A3【エー・スリー】
A3【エー・スリー】
Amazon.co.jp で詳細を見る
この本も凄い。まだ三割ぐらいしか読んでないのですが、このペースで行けば
今年読んだ本の中でベスト3には入るだろう名著の予感です。
ただ森さんファンか、「A」「A2」という映画を見ていないと突然はキツイかも。
「A」「A2」というドキュメンタリー映画はDVD化されていて、お近くのレンタル屋さんにも
置いてあると思うので、是非一度見てみて下さい(これも何度も書いてるなあ)。


森達也さんはそういう過激な映画や本を書いたりするせいで、過激な人と見られがちですが
(TBSに出た時は「KY監督」と命名された。ただし本人も気に入ってました)
生で会うと暖かい人。水道橋博士は「体温の低い人」と評してましたが
まあとにかくのんびりマイペースな人で、こんな人がこういう本を書くんだ、と
最初にお会いした時は違和感を感じたのを今でも覚えています。
一度(毀誉褒貶ですが)「森達也さんの世界」に触れてみることをオススメします。


やっぱり更新してないと書きたいことが溜まって困る。
もうちょっと書くことを日常化しないとなあ・・・。
まあマイペースでやっていきます。過剰にアクセル踏んでも長くは続かないですしね。


風邪やノロウイルス等にご注意下さい。
起きたての口の中には雑菌が溜まってるようなので、朝一の歯磨きやうがいは
風邪・インフルエンザ予防に非常に効果的だそうです。
(上記「A3」に載ってた情報をそのまま書いてみます)。


(文中全てAmazonアソシエイト)。