エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

昔だったら・・・

先週土曜日は家でゴールデンスランバーを見た後、神奈川県は相模原の
山田朱織枕研究所」という所でオーダーメイドの枕を作ってもらってました。
ここ数年、朝起きたら既に首が凝ってるとか頭痛がするということが多くて
色々調べたら、枕が悪いんじゃないかという結論に達して、往復ハガキで
予約してはるばる10ヶ月(長っ)、でやっと測定して貰ってきました。
来月下旬に届くらしいので、また時間があればレポ書きます。


で、その後恵比寿へ向かっている途中、車窓から流れてくる
看板をボーッと見てたら、印刷屋さんの古めいた看板で
「同人誌スピード印刷」というのがあった。


そうか、昔は同人誌っていう手段があったんだ。
もし今、ネットというツールがなかったら「エレカシ同人誌」とか
作ってたんだろうと強く思う。
仮に作るんだとしたら、「意気込みだけはPAOに負けない」(笑)。
もう隔月発行とかで、写真とかはどうせ載せられないんだから
いろんな人から「熱い」エレカシ原稿とかを寄稿して貰って
「これでもかっ!」って具合にエレカシの記事を詰め込んで
作ってたと思う。
本の雑誌」なんて昔はよく読んでたんですが、これはそういう
「同人誌的エッセンス」が凝縮されてて、熱いですよね。
なんというか作り手の情熱が直に感じられる、みたいな。


だけど今やネットがあれば(このブログだってそう)書いた瞬間に
バーッと全国はおろか世界中(ちょっと大げさかな)に広まって
携帯からも簡単にアクセス出来る時代。便利になったもんです。
僕が小学生の時はガリ版を使ってわら半紙とかに学級通信を
作ってた記憶があるんですが、今はあるんでしょうか。


恵比寿に着いたら全然エレカシ飲みじゃないのにちょっとした真剣な
エレカシ話に。これもいつか書ければ。



今の時点(8/30 19時時点)で未だにPAOが来ない。
オフィシャルを見ると27日に発送となってるから、遅いですよね。
Twitterでも書いたんですが、クロネコメール便はどういう
システムで配送してるか分からないほど遅くて、同じ都内でも
最大三日ぐらいは平気でズレる。
恐らくはコストの問題でメール便にしてるんでしょうが
ここは確実な日本郵便にしてくれないかな、と思ったりもする。
(別に郵便局ファンでもなんでもないですが)。
多くの人たちが待ちに待ってるファンクラブ会報なんだから
出来るだけ改善して欲しいです。



本日発売の「JAPAN」を買ってきました。

宮本「この前、そのー、山崎さんも呼ばなかったCOTTON CLUBの
ファンクラブのライブの時に(明日への記憶を)初めてみんなの
前でやったんですよ」
山崎さん「ええ。あとで聞いて憤慨しました」
宮本「すいません。(以下略)」

わはは、山崎洋一郎さんでも聞いてなかったのか(笑)。
こりゃ行けた方は相当レアですよね。
でも今となってはいけなかった悔しさよりも早くPV見たい、てな
前向きな気持ちに変わってます。不思議だねココロってやつは。
パラパラとめくってみましたが、「今の」エレカシを知るには
うってつけのインタビューなので、読む価値十分にあると思います。


それとSLSのクイックレポはこちら。行きたかった・・・。
GG10の放送セットリストは、ファイティングマン、悲しみの果て、so many people
デーデ、FLYER、ガストロンジャーでした。これから見てみます。
TBSチャンネルの日比谷野音再放送は本当に「忠実な再放送」で
中継前のPV延々放送まで再放送されてました。
なんというか一ヶ月分の視聴料を払って日比谷野音映像の
コピー一枚の権利を買ったような感じですね。
生放送時の映像はHDDに残して、今回の映像はBlu-rayに焼いて
家族や親しい人にお貸しする、という形になりそうです。


ZEPPツアーはどこに行けるか考え中。
というか最近はその前に「チケット取れるかどうか」が問題ですもんね。
これはPAOが来てからゆっくり考えてみます。


なんか最後の方はTwitterの連続のようなプチエレカシ情報でした。
まだまだまだ暑い日々が続きそうですが、新曲を待ってドーンと
乗り切るしかないですね。
そのうち「明日への記憶」のPVもYouTubeとかで公開されるでしょう。



明日への記憶
明日への記憶
Amazon.co.jp で詳細を見る




画像なし
いつか見た夢を
  • ASIN: B003Y5WY84
  • [CD]
  • 価格: ¥ 1,100
  • ユニバーサル シグマ
Amazon.co.jp で詳細を見る
Amazonアソシエイト