エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

いい気になったり、落ち込んだりして

あけましておめでとうございます。
今年もエレカシは男稼業フル稼働のようで、その活躍っぷりから
勇気を貰いたいと思っています。


今年メンバーは(早生まれの石君も含めると)44歳ですね。
もう立派なオッサンですね(笑)。
でもそのオッサン4人ががいつまでも戦い続ける姿に
かなりの影響を受けて今年もやっていきたいと思っています。
年齢的には衰えていくだろうけど、でも獅子奮迅の活躍を
して欲しいですね、そしたら「なんだ、年取ってもまだまだ
やれるじゃん」と同年代はおろか、年下にとっても
元気づけられる思いです。



さて以下は連絡事項です。
新春大阪、都合により行けなくなりました(泣)。
(チケットの件は何とかなりました、メール頂いた皆様
 ありがとうございました。
 お譲りできなかった方、すみません・・・)。
しかし新春3ライブのうち、行けるのは9日C.C.Lemonのみか・・・。
恐ろしや世間の風、です。



あ、もう一つ連絡事項があった。
エレカシ掲示板」で、チケット売買のスレッドで、売買が
成立した後、スレッドの削除依頼をもらうことがあるのですが
出す方もこちらもいちいち手続きするのは面倒だと思うので
当該ライブが終わった後、数日後にスレッドごと削除という
ルールを決めたいと思います。
・・・なんか忘れそうだなあ。
まあでもそういう風にやってみようと思います。



やっとBSで放送された「2010+未来へのエンジン」
「境界無きプロデューサー・小林武史の世界」を見ました。
以下内容とインタビューの意訳です、死ぬほどはしょってます。


アルバム「ライフ」は宮本のたっての希望で小林武史プロデュースになった。
宮本「直談判に行った、小林さんのスタジオにテープを持って。
そしたら嬉しいことにその場で聞いてくれて、褒め上手なんだろうけど
『宮本君、これは宝石の原石がここにある』って言ってくれて嬉しかった」
(「good morning」の後で宮本も困っていた)。
小林武史さんについて)凄い優れたアーティストですよね。
そしてピアノだったりの音が素晴らしい。仲間を惚れ込んでいる。
・・・15秒ほど固まって「音楽でこれからもみんなを幸せにしてほしい」



ハイビジョンテレビで宮本浩次を見るのは初めてだったのですが
これすごい・・・、文字通り顔の毛穴や鼻の小さな傷まで鮮明に見える。
こりゃ女優さん困るだろうなあ、とインタビューよりも
そんなことを考えてしまいました(笑)。