エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

あなたのエレカシベストタイトルって何ですか?

たまにゃ深夜更新。


僕は意外にも(?)ずっと昔から「生存者は今日も笑う」なんです。
これ、凄いしっくりくるというか、リアリティを感じるんですよ。
「生存者は今日も笑う」、うん。
逆に言うと「生存者しか笑えない」んですよね。
生きてる人しか笑えないし、生きてる人しか泣けないし
生きてる人しか怒れない、生きてる人しか楽しめない。
凄い普遍的だけれど、世の中の道理を一言で表しちゃった
深いタイトルだなぁ、といつも思うんです。
宮本がずっと言っている「生命を肯定すること」への思いを
ドン、と一言で収めちゃったナイスタイトルですよね。
そりゃ「生命賛歌」とかありますけれど。
エレカシほど生きることを肯定するバンドを僕は他に知らない)。



先程1999年に書かれた宮本のエッセイを読んでいた。
内容よりも年代が気になってしまった、それから10年が経っている。
宮本も生きているし、僕も生きている(当時はファンじゃなかったけど)。
これも当たり前のようでいて凄く偉大。
お互い「生きてる幸せ忘れずに」ドーンと生きていきましょう。


皆さんの「エレカシベストタイトル」ってなんでしょう?
もしよかったらコメント欄にでも書いて下さい。




エレカシ新春ライブ、1月8日ってモロに平日なんすよねえ。
18:30開演・・・、こりゃこのまま行ったら多分仕事で行けない。
ならばもう行かないなら行かないでしょうがないじゃないかと。
昔の若かりし自分なら「仕事でエレカシライブに行かないとは何事か!
仕事辞めてでもエレカシライブに行け!」と思うかも知れないけれど
別にこれはエレカシ熱が冷めたとか、歳を取ったとかそういうことじゃ
なくて、単に今は仕事を取るというのが自分にとっての「俺の道」なんです。
今はエレカシライブはプライオリティが低いというか、とにかく
仕事を優先させねばならぬ、そんな状況。



「男は一人行かなきゃならん時がある 今がその時」by DEAD OR ALIVE
その気持ちにはいつだって変わりはないんすよね。


ただ別に高らかに「不参加宣言」をしたわけではなく(笑)
仕事が休みならフツーに参加すると思います。
もし仕事があるならそちらを優先させるという状況。
でも都内エレカシワンマンライブに行かないなんて、ファンになって
初めてなんじゃないかなあ、と若干複雑な心境であることは確か。


夜空を見ながらそんなことを考えております。
明日は一日晴れ渡りそうだ。コーヒーを飲もう、散歩をしよう。