エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

夜に聞きたくなる「町を見下ろす丘」

このアルバムは催眠効果があるかと思ってしまうくらい(笑)
無性に夜に聞きたくなります。
エレカシの4人と佐久間正英さんが打ち込みもほとんどなく
丁寧に丁寧に作った印象で、聞こえる音が「純」なんですよねえ。
いつか書きましたけど「シグナル」なんてまさに夜の曲ですし
「雨の日に・・・」から「なぜだか、俺は祷ってゐた。」の
流れが特に好きです。
雨の日に歩ってブラブラする度に「雨の日に・・・」が頭の中に
流れます。宮本自身は「レコーディング中の日常を歌詞にして
申し訳ない」云々言ってますが、それこそ宮本歌詞の真骨頂
ではないかと思います。日常を風景に、そして詩にしてしまうというか。


そして毎アルバムそうなんでしょうけど、曲順を考えに考えに考えた
結果、こういういい流れのアルバムになってると思います。


後付け、というか今になって思うと「町を見下ろす丘」は
夜のアルバムで、「STARTING OVER」は朝のアルバム、そして
「昇れる太陽」は文字通り日中にギラギラ太陽が照りつける時に
聞くような、そんなイメージです。本当に今になって思うとですけど。


さて一日遅れちゃいましたが、宮本浩次誕生日おめでとうございます。
43歳ですか、立派な「オッサン」ですねえ!
これからも身体に気をつけて、そして同時に衰え行くであろう
身体と戦いながらいいロックを作ってもらいたいと思います。
しっかしいい歳の取り方をしてますよねえ。つくづくそう思います。



さて前の記事について批判のコメントを頂戴しているようですが
なんというか「批判にも品位を」と思います。
汚い言葉で書き立てると、例えそれが正論であっても読む方は
受け入れがたいじゃないですか。
自戒を込めて思いますが、やはり言葉遣いは大事だな、と思いました。