エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

想像だに出来ないですな

ボーッと蔦谷好位置さんの日記を見ていたら
またも我らが宮本浩次先生が登場。


SLY&THE FAMILY STONEのライブの話からスラッと先生の話題へ。


>ちょっと休憩中だったので早速宮本さんに電話したら
>ワンコールも鳴る前に出た。
>「どこにいるんですか!?仕事ですか!?忙しいですか?
>スーパーフライの人に会いましたよ!」といつも以上にハイテンションな宮本氏。
>スライは2曲くらいしか出てこなかったらしいですが、動いているスライを見て
>宮本さんは涙したみたいで、そういうのもあったんでしょうね
>とっても元気な声だった。
>なぜか「またダーツ行きましょう、蔦谷さん!楽しかったなー!」と
>言ってくれた。明日リハで会うんだけど。


何気ない記述なんですけど、考えてみれば凄いですよねえ。
まず「携帯のアドレス帳に『宮本浩次』とある
まあ「宮本さん」とかなんでしょうけど、僕なんかそんな携帯持っただけで
緊張冷や汗脂汗ですよ(笑)、そして電話したらワンコールも鳴る前に出る。
あの宮本浩次に電話を掛けるとすぐに電話に出て会話が出来る!
そりゃ関係者からしたらごく普通の光景でしょうけど、ファンからすれば
とんでもないことですよね。ワンタッチで先生と会話が出来るんですから。
「ベルって凄いなあ」「携帯持つ前ってみんなどうやって連絡取り合ってたんだろう」
とか、もうどうでもいいことまで考えちゃいますね。


まあ先生も上機嫌かつ元気そうで何よりですね。
何故か「携帯」とか「ダーツ」といった現代的キーワードが出てくると
違和感を覚えてしまうんですけど。
時間があれば「蔦谷好位置さんと近年のエレカシとの関係論」(大げさ)
みたいなのも書きたいんですけどね、なかなか。


「新しい季節へキミと」発売まで一ヶ月を切り、試聴も開始だそうです。
ただ着うたをダウンロードした人にはあんまり意味ないですね。




初回盤 UMCK-9238 1,800円 (tax in)





通常盤 UMCK-5219 1,100円 (tax in)


Amazonアソシエイト