エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

半日エレカシデー

ROCKIN’ON JAPAN購入。写真が危ない(色んな意味で)。


テレビ朝日「オンタマ」1/28の週オンエアー予定
JUICE MAGAZINE 2/1配布号アルバムインタビュー
「JUICE TV+」2/上旬 インタビューオンエアー予定
露出はまだまだ続きます。



今日(日曜)はとあるエレカシパーティーにて
こないだのZepp Tokyoでのライブを見ながら反省会(?)。
そのライブに女優の麻生久美子が来てた,という
情報も聞いたのですが,麻生久美子が誰か分からず!
ゆ,有名なんですか?(芸能人をあまり知らないんです)。


そんなこんなで帰りの電車でもエレカシファンの人と
色々と話して考える。
今回の「桜の花、舞い上がる道を」を三種類同時発売と
いうことで色々批判もあるけれど,これはエレカシ
意向じゃなくてユニバーサルミュージックの意向という
ことは明らかだけれども,しょうがないですよねえ,と
いうような話をしていた。
エレカシももう40代で4社目のレコード会社。
そろそろ数字をキチンと出さないといけないということは
何より本人たちが考えているはず。


「STARTING OVER」も売れ線のメロディを狙っているとか
歌詞が本心ではないだろうとか色々言われるだろうけれど
これだってメジャーでやっていくにはある程度しょうがない。
別にエレカシ色が消えている訳じゃないし,問題は
そのバランスだったり中身だったりするんでしょうね。
宮本浩次が「売りたい」と思って曲だって結局は宮本が
「世に売りたい」という今の心境を歌っている曲には
代わりはない。結論としてエレカシエレカシの音楽だ。
というようなことをエレカシファンの人とずっと話す。


それでいて,解散したり音楽を辞めていく人が多い中で
プロとして20年やっているエレカシ宮本浩次はやっぱり凄い。
嫌なプロモーションも,嫌なアレンジも色々あるけれど
それでも自分をさらけ出して「さあ頑張ろうぜ」
「明日もまた出かけよう」「ドーンと行こうぜ!」
「笑顔の未来へ行こう」「人生なんてまだまだ長いぜ」
という力強さを歌う4人は間違いなく凄い。
そんなことを延々と話していたら駅に着いた。



家まで帰る街はまだ寒い。僕の風邪はなかなか治らない。
桜が舞い上がる季節になるのはまだ先だ。




エレファントカシマシ STARTING OVER(初回盤)(DVD付) UMCK-9194