エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

意外に凄くいいじゃないか!「笑顔の未来へ」

まず宮本浩次の才能に改めて大感服です。
そしてプロデューサーの蔦谷好位置さんに最大限の賛辞を。


というのも,レコーディングVerを聞くまでは正直
この曲の立ち位置というのがよくわからなかったんですよ。
「何故にこの曲をシングルで勝負?」
(それにはもちろんレコード会社が絡んできますが
 特に最近はユニバーサルミュージックが反映されてそう)
そしてライブで聞く限りでは,そんなに良くは感じない
というか,そこまで押す曲かなあ?とも思ってました。
宮本的にはライブで何回もやっていて愛着があるようでしたが。


ところがどっこいPVを見て,聞いてみたら素直な感想
「すっげえ良いじゃん」(笑)。単純だなあ・・・。


これはやっぱり蔦谷好位置さんのプロデュースが
秀逸すぎるんですかね。宮本節というか,良くも悪くも
宮本的な音楽を5倍ぐらい(あくまで適当な感覚)に
良く醸し出してるというか。原曲のイメージを壊さずに
緻密に繊細にそして時には力強くアレンジしているという
印象を強く受けました。


また歌詞がねえ。宮本節健在ですね。
元旦発売なのに「表はいつしか真夏の光」って部分には
ちょっと苦笑しましたが(笑)


僕にとって胸に突き刺さる致命的な歌詞は
「あなたが望むならオレはいつでも大見得切って
 格好良くいたいと思っているよ,前に向かおう」(?)
(追記・最後の部分の歌詞は「マイリルガール」だという
 指摘を頂きました。)
やられた。
僕もいつもこんなことをぼんやり思っているのです。
それを二行ほどで端的にかつ明確に表してしまった。
完璧にやられた。男・宮本浩次の歌詞はやはり凄い。




http://youtube.com/watch?v=vf6SIEMaTn8


それでPV。これはジャケットを見たときから
こんな感じかなあ,と思ってたんですが先生の
表情とかが微笑ましいですね(笑)。
一度音を出せない状況で映像だけを見る機会が
あったんですが,なんとも見てるこっちが気恥ずかしい
というか(笑),「外国の女の子ってのは色々動いて
面白くて可愛いですねえ!」とか感想が聞こえてきそうです。


ディレクターの深津昌和さんの他の作品をいくつか
見ていたら,なるほどこういう意欲的な作品を
作られている方なんだなあ,と思いました。


これ他のメンバーVerで作ったどうだろう?とか
どうでもいいことを考えてました(笑)
成ちゃんなんか似合いそうでかつ扱いなれてそう
とか,滅茶苦茶勝手なイメージ。


さあさあこれがどんなCDとなるのか,そして
「風に吹かれて NewVersion」はどれぐらい変わるのか
(蔦谷さんのアレンジとリリースされてますね)
年明けが楽しみですね。
今年もいつの間にかあとちょっとですが,身体には
気をつけてドーンと行きましょう。





「笑顔の未来へ」 1,100円(税込) UMCK-5189


エレファントカシマシ タイトル未定(初回盤)(DVD付) UMCK-9194
Amazonアソシエイト