エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

今だから淡々と

たまには堅いことを書かせてください。
急にですが,国民年金の財源について僕の私見を。


国民年金の基礎部分の財源について。今のような年金加入者と国が
分け合う方式ではなく全て税金で賄うべきだと考えます。
具体的には消費税。全額税金で賄うとなるとパーセンテージは相当
上がると思いますが,受給者が基礎年金として月10万程度受け取れる
ぐらいは消費税で賄う。これ以上受給したいという人は国民年金基金なり
厚生年金,個人年金に加入する。
プラスの部分についてはもっと選択肢があっていいと思います。


まずどうして全額税金かというと,もうこれは将来の「年金ハザード」
モラルハザード」を防ぐという(ほぼ)一点につきます。
若い人を中心として,国民年金の納付率がとにかく落ちている。
払わない人は経済的事情もあるでしょうが,「どうせ年金制度は崩壊する」
と思っている人も多い。
じゃあ,そう思って不払いを続けた人がいざ受給年齢になったらどうなるか。
その人が個人財産をやたら持っていればそりゃ問題ないですよ。
ただ実際に働けない年齢になって,頼るものがなくなっただろうなるか。
年金を払ってないから当然受給権はない。そうなると公的扶助しかない。
しかし公的扶助の最たるものである「生活保護」は本来本当に生活に困窮した
人たちに対して緊急避難的に与えられるモノ。
長年自分の「意思」で年金を払わなかった人たちに対して給付する
ものではないと考えます。
(そもそもこのままでは生活保護の財源がなくなる)。
じゃあその人たちを放っておいていいのか,というと当然否,となるわけです。
いくら年金を払う意思がないからといって,そういう人たちを放っておいては
憲法規定する生存権を否定することになってしまう。
さらに現実問題としては貧富の拡大,治安の悪化に繋がってしまう。
これはやはり日本の国家像としてはよろしくない,と思います。
よって加入したい人もしたくない人も強制的に年金に加入させる。
(ってか今も国民年金は強制加入なのですが)。
それの財源は税金に求める。これによって将来的に無年金者を無くし
国民が「健康で文化的な最低限度の生活」を送れるようになると思うのです。


では何故にその財源を消費税に求めることになるのか。
これはもう書くとさらに長くなるのですが,簡単に書くと
・消費税は国民全員が払うモノなので公平感が得やすい。
・他の税金より「見通し額」が測りやすい。
・徴税も他の税金より容易。
というのが挙げられます。
よって,結論としては「消費税率を大幅アップの上,全額を国民年金
財源に充てる」というのが僕の考えです。


最近僕の周りで年金を受け取り始めてる人がどっと増えてるのですが
「払っててよかった」という感想が多いです。
若いうちは老後なんて真剣に考えもしないでしょうが,やはりいつかは
働けなくなる。そうなったときに頼れるものの一つとして年金は欠かせない。
「日本全体の利益」のためにも,国民皆年金を維持するためにも
僕は上のようなことを考えます。



何故か酔っぱらったときにしか,ブログにこういう堅い長文を書けません。
後から「飲むんじゃなかった,何書いてんだ俺」と思うんだろうなあ・・・。
ウコンの力を飲もう。