エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「ライフ」再考


うわ,もう月曜だ。最近一週間がめくるめく早さ。


最近「ライフ」を良く聞いています。
僕がエレカシのファンになったのは「ライフ」が出た頃なので
出た当初は「なんかエレカシっぽくないなあ」と少し
『肩すかし感』を味わったのを覚えています。


しかし,今になってぼんやり聞いてみると,これが味わいが
あって「いいアルバムだなぁ」と素直に思えるのです。


まずはとにかく「音が良い!」。
さすが小林武史プロデュース&NYレコーディング効果でしょうか。
一曲目の「部屋」の『僕の部屋へ来るなら』が本当に近くで
囁いているような感覚さえ感じる。
僕の音楽環境がPCだったりiPodなので,もしもっと良い環境なら
「凄く良い音」として聞こえるでしょう。


そして一押しは「真夏の革命」。イントロからの多彩なアレンジは
正にコバタケプロデュースじゃないと成せる技じゃないと思います。
良くも悪くも宮本浩次では出来ない曲になっています。
最近はこれがお気に入りでiPodでもfavoriteリストに入れています。


さらに「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」は「締めソング」
といいますか,二年連続で野音で演奏されてるように,広い会場で
どーんと演奏するのに合っている曲だと思います。
内容は全然違いますが,僕の中では位置としては「花男」に近いような
感じです。
花男」じゃメンバー紹介は出来ませんがこの曲なら出来ますし(笑)。


新曲が出るまで,静かな部屋,静かな環境で「ライフ」を聞き直すのも
いいんじゃないでしょうか。


夜が明ければもう月曜だ,「さあ がんばろうぜ!」